« お守り貰っちゃった | トップページ | 空ちゃんが家の子に »

2014年9月 9日 (火)

手術

P9090001_01_550x413

9月1日にワン病院へ連れて行かれました。

午後から膀胱結石除去開腹手術をされました。

手術日は何かあったらいけないと病院に1泊です。

かなり寂しい思いをさせられ私は悲しくなりました。

翌日、パパとママが迎えに来てくれました。

P9090003_550x413

エリザベスカラーを付けられなかったので助かりました。

パパもママもさぞかし痛かろうと心配していましたが、普通に歩けたからあまり痛くなかったです。

昨日抜糸に行ってきました。

順調に治っているそうです。

膀胱結石は再発しやすいので結石用のドッグフード(普通のドッグフードの5倍の値段します。しかも美味しくない)を食べさせて、人間のは与えないで下さい・・・と言われました。

パパママ困っていました。

P8260001_01_550x413

|

« お守り貰っちゃった | トップページ | 空ちゃんが家の子に »

ペット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

さくらちゃんheart
手術が無事に済んでよかったですね。
さぞかしつらいさびしい思いをしたことでしょうね(゚m゚*)
でも、順調な回復で本当に良かった!!
フードはまずくても元気でいるのが一番だから
頑張ってね。
退院おめでとうhospitalheartbell

投稿: アンちゃんママ | 2014年9月 9日 (火) 21時44分

(アンちゃんママ様)
有り難うございます。
あの病院なら大丈夫と信頼していましたので、さほど心配はしていませんでしたが、アフターケアーの食事指導には困りました。
指導通り欲しがる物も与えないで悲しい思いをさせて、そのあげく他の理由で虹の橋へ行くことも考えられます。
ならば欲しがる物を少しだけあげて犬生を楽しくさせた方が良いのではないかと・・・。
さくらパパは思案した結果、後者を選択しました。
これはさくらパパ自身にも共通することです

投稿: さくらパパ | 2014年9月10日 (水) 07時14分

こんにちは!
無事手術が終わって良かったですね。
心配してました。

さくらちゃん♪早く元気になってね(*≧∀≦*)

投稿: ミクママ | 2014年9月10日 (水) 17時04分

(ミクママ様)
有り難うございます。
手術が無事に終わって安堵しています。
今はもう元気を取り戻しています。

投稿: さくらパパ | 2014年9月11日 (木) 06時56分

無事手術が終わっておめでとうございます。


これからは食べ物が制限され大変でしょうが 再発しないよう先生の言いつけは守って下さいね

投稿: おーまま | 2014年9月11日 (木) 18時57分

無事に手術終わって良かったですね。
順調に回復しているそうですし一安心です。
これから食事とかで苦労するかと思いますが
大事な子供の為に頑張ってくださいねhappy01
北海道は大雨で災害発生していましたが大丈夫でしたか?最近の天気は怖いですねbearing

投稿: 一寸法師 | 2014年9月11日 (木) 19時07分

パパさん、その挙句、虹の橋・・・とはどういう意味ですか?
気になります。
問題ないのですよね?

投稿: アンちゃんママ | 2014年9月11日 (木) 21時07分

(おーまま様 アンちゃんママ様)
有り難うございます。
ワン先生の言いつけとは病院で売っている結石用のドッグフードだけを与え、人間の食べ物は一切与えてはならないと言うことでした。特に野菜や果物。
ワン先生の言いつけを守っていても再発はしないと言い切れないらしいし、それなのにその為のドッグフードは普通のドッグフードの5倍の値段がするのにかなり美味しくないらしく、さくらは勿論他のワンも食べたがらない(他の人たちの意見)です。
だからさくらにそれだけを与えて悲しい思いをさせても再発もあり得るし、他の原因、例えば不慮の事故死、心臓病や内臓疾患による死、悪性腫瘍だって出来ないとは言い切れません。
もしそんなことが起こったら何の為に悲しい思いをさせたのかと考えますと、ワン先生の言いつけは7割ぐらい守ろう、残り3割は今まで通りさくらが欲しがる私の食べ物を与えようと決めました。
さくらはワンだからさくらに決めさせられませんが、ちょうどさくらパパが腎臓疾患で水飲みならずかなり厳しい食事制限を受け、そんなことを守っていては生きていても仕方がないと思い、ハメを外して生活しています。
さくらの身になって考えられます。
勿論、今のさくらには他に病気がありませんが、
悲しい思いをして長生きするよりも、短命でもおもしろおかしく生きた方が良いと考えています。
悲しい思いをさせて長生きの方法を考えても、癌などが(シーズーは癌になりやすい)出来て短命で終われば悲しすぎますしね。

投稿: さくらパパ | 2014年9月12日 (金) 07時55分

(一寸法師様)
有り難うございます。
腕の良い先生で助かりました。
傷口も綺麗に治りました。
札幌市も広いもので私の住まいは北区ですが、この辺りは普通の雨でした。
ただ、夜中の3時半頃からエリアメール(避難勧告)が何通も鳴り、とうとう4時には起きてしまいました。
窓から外を見ますと小雨でした。
結果、エリアメールは10数通になりました。
あっ、雷は鳴っていましたね。

投稿: さくらパパ | 2014年9月12日 (金) 08時14分

さくらパパ様

よくわかりました。
全く同感です。

実は私もワンが病気になった場合は治療は(痛みを取る、熱を下げるなど)その程度はしても大きなことはするつもりはないという持論をもっていました。それでもアンちゃんのときはあらゆることを言われるままにしてしまい自分も望んでしまいました。しかし、どれがワンにとって幸せなのかを考えるとパパさんの選択でしょう。
私もアンちゃんにもっともっとたくさん食べさせてあげたかった。
あんな制限をしなければよかったとおもいます。
その時はその時ですものね。
いつもとかわらない楽しい生活が一番幸せだと思います。ご返信ありがとうございました。
これからもさくらちゃんがさくらちゃんらしく幸せでありますようにheart

投稿: アンちゃんママ | 2014年9月12日 (金) 09時52分

さくらちゃん投稿に更なる安堵です(経過報告済でしたので)お守りも効いて良かったね、おめでとうwine  さくらちゃんの手術に端を発し ワン社会も高齢・多々の病に痛感と共に、直面の課題としまして(12歳の愛犬)おおいに学ばさせていただきました。 特に食べ物で苦慮するところですね
まあぁ懸命に私等  運命共同してますので明確な言葉は今は無理ですが最善をと心しております 
まずは、これからもお大事にして下さいませclover

投稿: 麗ママ | 2014年9月14日 (日) 00時02分

(麗ママ様)
有り難うございます。
全く同感です。
さくらもそうですが、麗華ちゃんもこれからが気をつけていなければならないですね。

投稿: さくらパパ | 2014年9月14日 (日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/529749/57321236

この記事へのトラックバック一覧です: 手術:

« お守り貰っちゃった | トップページ | 空ちゃんが家の子に »